teigen_image

マインドフルネス瞑想にストレス低減効果があるって聞いたんですけど本当なんですか? 本当ならどういうメカニズムで低減されるの?

今回はこの疑問に答えていきます!

この記事はこんな方にオススメ!

☞ マインドフルネス瞑想がストレスを和らげるメカニズムを知りたい

スポンサーリンク

マインドフルネスとは

元は仏教的な瞑想に由来する心の状態を指す言葉で、”気付き”とか”目覚め”といったような意味があります。

詳しくは別記事にまとめましたのでご参照ください。マインドフルネスへの理解を深めてから実践していただくとより効果を感じやすいと思います。

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネス瞑想とはマインドフルネスを体験するための瞑想法です。

詳細は別の記事で紹介しているのでご参照ください^^

ストレスマネジメントの必要性

mindfullnessstress001

ストレスとは生体にかかる精神的、物理的(圧力、熱etc)な刺激のことを言います。みなさんもご存知の通り、悪いストレスに長期間ストレスに曝され続けると、様々な疾患(精神疾患、生活習慣病etc)の誘因となる可能性があります。しかし生活とストレスは切っても切り離せない関係にあることもまた事実・・・(;´Д`)

そのため日頃から溜めすぎないようにマネジメントしてあげることが大切です。

マインドフルネスとストレスの関係性

マインドフルネス瞑想の仕組み

マインドフルネス瞑想で”今、この瞬間”をあるがままに観察し、囚われている感情や思考から距離をとることで、それらに流されることなく自分の価値観に沿った行動を選択することができるようになります。

ストレスのメカニズム

健康に悪影響を及ぼすストレスは不安やうつ傾向、怒りといったようなネガティブな思考や感情が元になっています。ネガティブな思考や感情がやっかいなのは、湧いたあとしばらく繰り返し思い返してしまうことです。

commubook_f_difficult

イライラして勉強が手につかないぜ

そして実はこのネガティブな思考や感情を繰り返し思い返すことが、ストレスを実態以上に強めてしまい、自分の首をさらに絞めてしまいます(-_-;)

このようなついつい思い返してしまう心の動きを”反芻”と言います。

この反芻傾向こそが、不安を持続・増幅させている要因なのです。

マインドフルネスとストレスの関係性

ストレスを反芻してしまう状態は一種のとらわれ状態であると言えます。

マインドフルネス瞑想を通して心を今この瞬間に落ち着けることができれば、このとらわれ状態でさえも次第に消えていくものなのだと気付くことができます。この”気付き”こそが、意味のない思考・感情を強大にする”反芻”からあなたを救いだしてくれます。

mindfulness_heart

先程「ストレスマネジメントが大切だ」と書きましたが、実は最近では「ストレスに対する認識の違いが健康被害に影響を与える」という考え方があり、科学的な根拠も得られています。

そしてストレスとの付き合い方を見直してくためのエクササイズの一環として、マインドフルネスが活用されています。

マインドフルネス瞑想は意味のない思考や感情と距離をとり、それらに対する自分の考え方を見つめなおす機会になってくれるということが科学的にも証明されています。

マインドフルネス瞑想がストレスを低減させるメカニズム

ここまでを要約すると、

マインドフルネス瞑想はマインドフルネスな心の状態を生み出し、ストレスの増強因子である反芻を中断させてくれることと、ネガティブな思考や感情は流れて消えていくという、”流動性”への気付きを通してストレスを低減させてくれるということになります。

でもそれってストレスの原因の解決になってないですよね?

そう思った方も多いと思います。

しかし驚くべきことに、実はストレスの原因を解消しなくても”心のやすらぎ”は取り戻すことができるのです。

ストレスの原因を直接解決しなくてもストレスとうまく付き合う方法があるとわかるだけでも少し心が軽くなるような気がしませんか? ^^

マインドフルネス瞑想の効果を高めるために・・・

ここまでの内容を読んで、もしかすると【マインドフルネス瞑想=ストレスからの逃避】のように受け取る方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。

マインドフルネス瞑想で身体感覚や感情・思考などに注意を向け、それらと向き合っていくことで、「あ、今自分こう考えた(感じた)んだ」と自分の心の癖にも気付けるようになります。そうなったら、自分の意志でストレスを感じた後の行動を選択できるようになります。自分の手で”いつものパターン”から抜け出しましょう。

「自分のこういうところが嫌い」と感じているのなら、無理に心に従う必要はありません!

そして”いつものパターン”から抜け出せるようになるためには、やはり練習が必要です。

meditation_image

マインドフルネス瞑想をやってみて挫折してしまう人の大半は「効果を実感できなかった」という理由です。もちろん単純にエクササイズが合わなかった人もいらっしゃると思います。しかし、医療現場で応用されている正式なプログラムでさえもマインドフルネスを習得するのに8週間かけています。

なので効果を得ようと焦らずに、継続して実践できるように工夫してみてください。そのうちふとした瞬間に効果を実感できるときがくると思います。

mindfulness_taberu

またマインドフルネスは瞑想法だけでなく、食事法や歩行法など様々なエクササイズを通して体験することができるので、自分に合った方法を探してみるのも良いと思います。エクササイズのバリエーションについては別記事で紹介しているので、参考にしてみてください^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マインドフルネス瞑想はストレスの原因そのものを解決するのではなく、ストレスとの付き合い方を変えることでその影響力を弱めるものです。なので、マインドフルネス瞑想に慣れたあとでも、怒りっぽい性格とかクヨクヨしやすい性格というのは変わりません。

しかし、マインドフルネスを通して心の癖に気付き、”いつものパターン”から抜け出す方法を見出すことができれば、怒りが込み上げてきたときでも、心配事に心を支配されたときでも、それらに囚われることなく自分の価値観に沿った行動選択ができることでしょう。

そしてストレスに対しての「あ、別の考え方もあるのか」という気付きこそが、ストレスの影響力を弱めてくれるのです。

この記事が読んでくださった方のお役に立てれば私としても幸いです^^

ここまで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事