success_b_image

どうも! てこと申します。

みなさんには人生の目標や挑戦したい夢はありますか? 私はいくつか挑戦したいと思っていることがあります。しかし私は元々心配性でビビりなので、途中で自信をなくしたり不安になったりすることがしょちゅうあります^^;

ですが後から振り返ってみると、くよくよしている時間って結構勿体なく感じたりするんですよね。もちろん悩む時間があったからこそ先に進めた部分もあると思いますけどね。

今回は自分の力だけではなかなか不安を払拭できないという方向けに、自分を勇気づけてくれるような内容の本を集めてみました! 実現したい目標がある方はぜひ参考にしてみてください^^

この記事はこんな方にオススメ!

☞ 眠っているやる気を目覚めさせたい!

☞ 成功者の考え方を知りたい!

☞ 挫けそうな自分を鼓舞してくれる本と出合いたい!

スポンサーリンク

オススメ本①:「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

この本には自分の人生を見つめなおさせてくれる力があります。この本に書いてあることをまずは受け止めてみてください。そして、曇りのないこころで人生の目標について改めて真剣に考えてみると新たな道が開けてくると思います。

一見すると「仕事を辞めても餓死するわけじゃない」とか「生活保護もあるよ」とか極論すぎて参考にならないと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、これくらい明快に言われると不思議と勇気をもらえます。

オススメ本②:ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代

フェイスブックのCOOが”これはひとりの人生を変えてしまう、すごいアイデア”と書評を送っている本です。しかし内容を紐解くと「リスクを分散させる」とか「創造性は幅広い経験と深い経験が組み合わさることで発揮される」のように、当たり前のことが並んでいます。

読み終わった後に「こんなの当たり前だろ。参考にならん」と思うか、「あ、自分はここをないがしろにしている部分があるかもしれないな」と気づけるかで大きな差が生まれる内容だと思いました。加えてこの本の良いところは、主張の根拠として実在する企業の実際にあった話が紹介されています。なのできっと多くの人が納得した上でこの”当たり前の内容”を受け入れ、活かすことができるのではないかと思います。

”オリジナルな人たちというのは、私たちが思うよりもずっと普通な人たちなのだ”

これをしっかり胸に刻んで私も前に進みたいと思います。

オススメ本③:嫌われる勇気

課題の分離という言葉が、マインドフルネスにおける”心の明晰性”ととても良く似ていると思いました。松本幸之助さんが提唱する”素直な心”もこれに通ずるところがあると思います。

私たちは生活の中でどうしても他者から受ける評価に囚われてしまいがちですが、それは自身の挑戦を妨げる要因になってしまいます。応援みたいにポジティブな干渉であればまだ良いんでしょうけどね。ですが他人の目や、過去や未来の自分のせいにして何もかもを諦めてしまうのは非常に勿体ない。

この本では、自分の認識を変えれば目に映る世界は変容するのだと教えてくれます。自分に自信がない方はぜひご一読ください。

オススメ本④:やり抜く人の9つの習慣

この本も先程紹介した「ORIGINALS」と同様、一見すると当たり前のことばかり書かれています。ですが、自分の今の生活習慣を見直して、果たしてそれが実行できているのでしょうか?

この本を通してやはり当たり前のことをきちんとやり通せる人が成果を出せるんだと改めて気付かされました。成果を出した人は頑張ってるんです。

この本の主張は単なる精神論ではなく、様々な研究で裏付けがとれています。そして読んだその日から実践できる思考法も紹介されているので、今すぐ何か変えたい!という方にはオススメできる1冊です。

オススメ本⑤:生き抜く力

この本はPanasonicを1代で大企業へと成長させた松本幸之助さんの波乱の人生を追いつつ、そこから生まれた人生哲学を紐解いていくという内容になっています。人との付き合い方や仕事との向き合い方、リーダーシップの取り方、コーチングの方法、マネジメント、生き方など、人生の全方位に役立つヒントが詰め込まれています。

いかなる苦境に立たされても諦めない姿勢や、商人らしい相手を大切にするという心には強く惹かれるものがありますし、きっと読んだ人の背中を支えてくれるでしょう。

オススメ本⑥:素直な心になるために

これも松下幸之助さんの著書です。「生き抜く力」でも素直な心については多少触れられるのですが、この本では”素直な心”の定義や育てる意義、効用、育て方を詳しく紹介してくれています。

素直な心について簡単に説明すると、心の明晰性を保つことで最も利になる選択ができるようになりましょうというものです。この考え方はマインドフルネスによく似ていますし、アドラー心理学における課題の分離にも通じるところがあります。

雑念に惑わされず自分のやりたい事をしっかりと見据える力になってくれる考え方なので、防御力や嗅覚を高めると思って身につけておくと後々必ず支えになってくれると思います。

マインドフルネスって何? という方は・・・

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ここで紹介した本はどれも私が実際に読んでみて感銘を受けた本ばかりです。それぞれ独特な内容で非常に参考になるんですけど、どの本にも共通して書かれているのは、「自分自身の今を大切にしましょう」ということでした。

挑戦を妨げる要因は確かにたくさんあるように感じますし、不安もつきまといます。しかし、挑戦するのはいつだって今の自分自身なんです。今の自分が変わればそこから周りの目も、未来も変わっていくんです。

なので自分に自信が持てないとき、やる気が起きないときは、ここで紹介したような本の力を借りて、自分を鼓舞しながらやりたいことを楽しむ人生にしていきましょう^^

ここまで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事