mindfullness_continue_image

マインドフルネス瞑想は習慣化が大切って聞いたんですけどそれはなぜ? 止めたら効果がなくなるの?

今回はこの疑問に答えていきます!

この記事の内容

☞ マインドフルネス瞑想を習慣化する大切さがわかる

スポンサーリンク

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは「今この瞬間に完全に気付いている状態」といった感じで紹介されていますが、元は仏教的な瞑想に由来する心の状態を指す言葉で、”気付き”とか”目覚め”といったような意味があります。

詳しくは別記事にまとめましたのでご参照ください。マインドフルネスへの理解を深めてから実践していただくとより効果を感じやすいと思います。

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネス瞑想とは

マインドフルネスな心の状態に至る方法として代表的なものが”瞑想(呼吸法)”であり、呼吸に意識的に注意を向け「今、この瞬間」の気付きを体験していきます。

つまりマインドフルネス瞑想とは”マインドフルネスを体験するための瞑想法”といった感じですね。詳しくは別記事をご参照ください。

医療分野での応用も

Jon Kabat-Zinnさん(マサチューセッツ大学医学大学院教授・同大マインドフルネスセンターの創設所長)が「マインドフルネス・ストレス低減法」として手技を確立し、今では第3世代の認知行動療法として注目されるまでになりました。

産業分野でも

Googleが脳科学とマインドフルネスを掛け合わせて、リーダーシップとパフォーマンス向上を目的とした、SIY(Search Inside Yourself)というプログラムを開発しています。

SIYでは心の知能指数と呼ばれるEQ,EI(Emotional Intelligence Quotient)に関係する要素「自己認識・自己制御・モチベーション・共感・コミュニケーション」の強化が期待されています。

マインドフルネス瞑想を継続して実践する重要性

マインドフルネス瞑想で体験する効果は人それぞれ違います。

マインドフルネス瞑想の代表的な効果である「ストレス低減」に関しての実験で、練習の質がマインドフルネス瞑想の効果を高めるかどうかを調べたものがあります(参考文献)。要約すると、練習の質は練習時間と関連がある。また練習の質の改善がストレス低減効果とも関連があるみたいな話になっています。

ざっくり言うと練習すればうまくなるということです。

マインドフルネス瞑想を止めたら効果もなくなる?

マインドフルネス瞑想を通してネガティブな感情との付き合い方に変容が起こるので、瞑想を止めても効果は持続すると言われています。

マインドフルネス瞑想に抑うつ傾向の改善と再発防止に効果があると示した実験(参考文献)では8週間の介入後1年間のフォローアップを行った際、瞑想を行っていたグループの方が再発率が低かったと示しています。

マインドフルネスとは心の状態のことなので、在り方さえつかんでしまえば、瞑想に頼らなくてもいろんな場面でマインドフルネスな心の状態になれるということなのでしょう。

しかしながら治療として体系化されたものでもマインドフルネスを掴むために8週間の介入期間を設けているのです。数回やっただけで「効果が出ない」と止めてしまうのは早計かもしれません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

マインドフルネス瞑想をやめてしまう人の理由は大抵が「効果を実感できなかった」というものです。マインドフルネス瞑想の目的はリラクゼーションではなく、気付きの能力高めることなので、筋トレのように続けていくことが大切です。

Kindle Unlimitedの無料体験で読める!

最近はこの書籍のようにマインドフルネスを日常に取り入れやすようにかみ砕いて紹介してくれる本も増えてきたので、いろいろ参考にしながら、あの手この手で習慣化できるように挑戦してみてください^^

私もまだまだ練習中なので一緒に頑張りましょう(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事